メニュー

性病

性病について

性行為による細菌やウイルスの感染を性行為感染症・性病と呼びます。一般的には風俗などのお店に行って、その仕事をされてる方との行為によってうつると思われがちです。最近はそのようなお店ではなく、素人同士の性行為による感染が増えています。なので、お店に行ってなくても性病になることは十分に考えられるのです。

 

クラミジア・淋菌  尿道炎

最も多い性病の原因菌としてクラミジアや淋菌があります。

クラミジア、淋菌、両者ともに排尿時痛があります。男性は排尿時痛などの症状が出るためわかるのですが、女性は無症状のこともあるのでお互い無自覚で感染してしまいます。

クラミジアは性行為から2週間ほど、淋菌は行為から1週間ほどで症状が現れます。
また淋菌は白濁した膿が出るのが特徴的です。

ただ、両者の特徴が混ざったような症状をもつ患者様もおり、正確な診断には尿検査によるPCR検査が必要になります。

当院でのクラミジアの治療は内服を1回のみ、淋菌の治療は静脈注射を1回行うのみです。近年、淋菌は耐性菌が増えており、ガイドラインに沿った適切な薬の選択が大切です。
当院でも性病の検査・治療を行っております。
ご相談ください。

 

トリコモナス尿道炎

トリコモナス尿道炎はトリコモナス原虫という寄生虫によって引き起こされます。男女共に症状がないのにも関わらず感染していることがあるのが特徴です。

女性のトリコモナス膣炎はHIV感染や骨盤内感染症の原因になったりもします。

このような重大な病気に繋がることがあるので、パートナーが感染していれば無症状でも検査をし治療を受けることが大切です。

男性の尿道炎の症状は無症状のことが多いですが、見られるのは尿道からの少量の分泌液です。検査では陰性になりやすいようです。

女性がトリコモナス膣炎と診断されたため、パートナーの男性が泌尿器科に治療にいらっしゃることが多いです。女性が治っても男性が持っていれば再び女性に感染してしまうので、パートナーと共に治療することが必要です。

治療は1日朝晩2回の内服を7日間してもらいます。

 

梅毒

最近日本で梅毒か増えてきました。
2000年頃は500人程の患者数でしたが、2019年現在は5000人を超える10倍以上の数になっていると言われてます。増加した原因は様々なことが言われておりますが、確かなことは明らかになっておりません。

梅毒は排尿症状はありません。初期症状は感染から3ヶ月後に陰茎や口や肛門周囲に小さく硬いしこりを認めます。またその後はそのしこりが潰瘍化します。痛みはあまりないとされていますが、実際は痛みを感じる方もいらっしゃいます。

その後鼠蹊部のリンパ節が腫れたり、全身に発疹が出ます。

その状態を数年放っておくと、全身に腫瘍が出来たり、神経症状や心不全になったりと、死に至る病です。

特効薬のペニシリンが発明される前は不治の病でしたが、現在は内服薬で治ります。まず1ヶ月間ペニシリンを内服していただき、梅毒の抗体価を投与前と後で比べます。十分な低下が見られたら、投与を中止し経過観察をします。抗体価の低下が不十分であれば異なる抗生剤を投与します。

梅毒は早期発見、早期治療が大切です。

 

排尿時痛、尿道からの膿、陰茎の発赤や出来物を認めた場合は当院泌尿器科医師までご相談下さい。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME