メニュー

感染性胃腸炎

感染性胃腸炎とは

感染性胃腸炎とはウイルスや細菌や寄生虫が原因で引き起こされる胃腸の感染症の総称です。下痢、嘔吐、腹痛、吐き気、発熱を引き起こします。
小さい子供からご老人まで幅広く起きる病気です。元気な若い方が感染した場合は自然治癒することもありますが、体重の少ない小児やご老人が感染性胃腸炎にかかった場合、下痢嘔吐による脱水の影響などで、重症化することもあります。

ロタウイルスやノロウイルスがウイルス性腸炎として多く、激しい下痢や嘔吐を引き起こします。

大腸菌が細菌性の腸炎の原因菌としては多く、激しい下痢や嘔吐、下血を引き起こすことがあります。

下痢や嘔吐などの初期症状時気付いた場合は必ず近くの内科を受診しましょう。

検査・治療

まず医師による問診を行い、感染以外の病気の有無を確認します。

腹部触診にて反跳痛の有無、圧痛点の確認、腸の蠕動音の確認を行います。

次に腹部XPを撮影し、腸の閉塞の有無、便秘の有無などを確認します。

症状が強い場合は炎症の度合いを確認するために採血を行う場合もあります。

発熱を伴う感染性胃腸炎の場合、抗生剤を投与することがほとんどなので、受診時に便培養を採取することもあります。

治療は胃腸を整える薬や吐き気や下痢などの症状を抑える薬、発熱や症状強い場合は抗菌薬を使います。
患者様が水分も取れないような場合は入院して点滴する必要があります。

発熱、腹痛、下痢、嘔吐などの症状を認める方は当院消化器科医師までご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME