メニュー

生活習慣病について

生活習慣病生活習慣病はかつて成人病と呼ばれ、主に乱れた生活習慣(食生活、運動、飲酒、喫煙など)から発生するといわれています。

代表的なものは、高血圧、脂質異常症(高脂血症)、糖尿病などです。

高血圧

高血圧はほとんど症状がありません。

現在日本には4000万人ほどの高血圧の方がいると言われております。

先述の通り、高血圧であることには症状がないため、高血圧の診断されても放っておきて病院に行かない方も大勢いらっしゃいます。

現時点で症状がなかったとしても、高血圧を放置しておくと、徐々に血管が傷つけられ、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞、腎不全、などの恐ろしい病気を引き起こします。

健康診断などで高血圧と診断を受けた方は医師の診察を受けましょう。

高血圧の診断

家での血圧は135/85mmHg 以上、病院での血圧は140/90mmHg以上が高血圧と診断されます。高血圧と診断されてもすぐには治療とはなりません。

日本人の高血圧症の90%が原因のない本態性高血圧ですが、腫瘍などによる二次性高血圧の可能性を否定した上での診断・治療が必要です。

家庭で血圧を測りましょう。血圧手帳もつけましょう。

朝は起きてから1時間以内、1−2分安静にした後に測りましょう。
晩は就寝前1−2分座って安静にした後に測りましょう。

血圧の目標値は?

最低でも血圧は140/90mmHg未満にしたいです。脳や心臓や腎臓の病気を防ぐためには血圧は低く保つことが重要です。直近のガイドラインでは130/80mmHg以下と言われてます。

高血圧治療

生活習慣を整えましょう。減塩、ダイエットも大切です。当院では高血圧の生活習慣指導も行っております。生活習慣の指導を行なった上でそれでも血圧が下がらない方に内服の治療を進めております。

血圧のお薬

降圧薬は多くの種類があります。患者様の他の内服薬や持病によっても飲む薬の種類が変わります。当院ではその方にあったベストの降圧薬を選んで処方しております。

高血圧と診断された方は、一度当院医師までご相談ください。

脂質異常症(高脂血症)とは

脂質異常症(高脂血症)とは、血液中のコレステロールや中性脂肪などの脂質の濃度が濃くなった状態です。

高血圧、糖尿病と同様に、それ自体では自覚症状がありません。

そのため、健康診断などで指摘されてもクリニックや病院を受診せず未治療のままの方も非常に多いです。

患者数は約2000万人もいます。 先述の通り、脂質異常症はそれ自体では自覚症状がないので定期的な検査で発見するしかありません。

脂質には悪玉コレステロール、善玉コレステロール、中性脂肪とあり、悪玉コレステロールと中性脂肪の値は下げなければならず、善玉コレステロールの数値は高い方が良いとされてます。

動脈硬化とは

脂質異常症を放置すれば動脈硬化が進みます。

動脈硬化とは、血液中の脂質が血管の壁に沈着した状態です。脂質が沈着した血管の壁は厚みが増すと共に硬くなっていきます。血管が硬くなることは血圧の上昇にも繋がります。そして血管の壁が厚くなると、最終的に血管が詰まってしまいます。その詰まった場所が心臓だと心筋梗塞、脳だと脳梗塞となってしまいます。

このような病気は最悪の場合、死に至ります。

定期的な検査をし、治療をするようにしましょう。

脂質異常症(高脂血症)の原因は

過食、高脂肪食、喫煙、過度の飲酒、肥満、運動不足、遺伝などが挙げられます。

原因の約8割は食生活に関連するものになります。

悪玉コレステロールを増加させる要因は、肉などの動物性脂肪の摂取が原因とされてます。

中性脂肪を増加させる要因は、パンやご飯、糖類などの炭水化物の摂取とされてます。

善玉コレステロールを低下させる要因は喫煙とされてます。

脂質異常症(高脂血症)の症状は

先述の通り、高脂血症の怖いところが、自覚症状をほとんど伴わないところです。

脂質異常症(高脂血症)の診断・治療

採血にて脂質異常症の診断をします。また、当院では動脈硬化の進行度合いを測るために頸動脈エコー(超音波)も行なってます。

治療は生活習慣の指導で、それで改善しない場合は内服治療を行います。

脂質異常症(高脂血症)が進行すると

動脈硬化、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞、腎疾患、大動脈瘤などの重篤な疾患になる可能性があります。

脂質異常症(高脂血症)は自覚症状がないため、定期的な検査で発見するしかありません。

そのため、知らないうちに病気にかかっていることも珍しくなく、放置されると動脈硬化が進み、命にかかわる心筋梗塞や脳梗塞になってはじめて気づかれることも非常に多いです。

脳梗塞や心筋梗塞などの病気は突然襲ってきます。

手遅れになる前にまずは検査や健康診断を受け、問題がないかどうかを調べましょう。

もし脂質異常症を指摘された場合は生活習慣指導を受け、必要な場合は内服治療も行いましょう。

糖尿病

糖尿病って聞くと、美味しいものが食べられなくなる、目が見えなくなる、足を切断しないといけない・・・などなど、身近に聞く病気だけれど、怖いというイメージを抱く方も多いのではないでしょうか。最近では生活習慣病を見直す動きから、糖尿病という言葉をよく耳にすることはあっても、具体的な症状や治療方法を正しく理解している人は少ないかもしれません。 

糖尿病とは?

糖尿病は尿から糖が出ていることからついた病気の名前です。ですが、この病気の怖いところは尿から糖が出ることではありません。

そもそも尿から糖は健常な方からは出ないのですが、血糖値が高くなることで、腎臓から糖が尿に漏れ出てしまうのです。

そして血糖値が高い状態が続くことが怖い病気へと繋がります。

糖尿病は、大きく2型糖尿病と1型糖尿病の二つに分類されます。

1型は、体内でインスリンの生産ができなくなり、注射によりインスリンを補うことが必要になります。子供や若い人に多く発症します。

2型は、糖尿病の90%以上がこのタイプで、遺伝的要因に加え、肥満、運動不足など生活習慣が原因で発症すると言われています。また、若い人でも発症する場合もありますが、多くは40代以降にみられます。

どんな症状?

健康診断で血糖値が高いと言われても、実際にピンと来る方がいないことが多いようです。事実、糖尿病の初期症状は自覚症状があまりないため、放置してしまう傾向にあります。ですが、糖尿病は放置していると自覚症状が現れた時にはすでに合併症を伴っていることが多く、手遅れになる場合もあります。

主な症状としてあげられるのは、食べているのに体重が減っていく、尿の回数が増える、喉が渇いて水をよく飲む、だるさや倦怠感を感じるなどです。また、男性においては性機能の障害(ED)などもあげられます。

普段から暴飲暴食で肥満気味、運動不足など、心当たりのある方は十分に注意する必要があります。  

糖尿病の合併症

尿病が進行することで起きる合併症は神経障害、眼の病気、腎障害が主に挙げられます。

神経障害は手足のしびれ、感覚障害などがあります。血糖値が高いことで微小血管が詰まり様々な病気を引き起こします。細かい血管が損傷し血流が悪くなることで、神経細胞への血液の供給がされず、自律神経にも障害が起こります。

眼の病気は網膜障害などで、失明することもあります。

腎障害は腎機能が低下し、進行すると、塩分やタンパク質の摂取量が厳しく制限された食事療法が必要になり、最終的には人工透析になる可能性も多分にあります。

 

最初にも述べましたが、糖尿病は初期症状が出にくい事と、生活習慣を改善したり食事を見直したりしないといけない、という思いから毎日の忙しさ、ストレスから面倒だと感じて放置してしまうという方も多いのではないでしょうか。

しかし、糖尿病は処置が遅くなればなるほど、合併症を引き起こし、手遅れになってしまうこともあるのです。

健診で指摘された方、上記のような症状がある方は当院までご相談ください。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME