メニュー

消化器診療について

消化器とは

image1 (14)消化器疾患と聞いてみなさんはどのようなことを想像するでしょうか。

言葉の意味としてまず消化器とは基本的に食べ物の通り道で、食道、胃、十二指腸、肝臓、膵臓、胆嚢、小腸、大腸、肛門と様々な消化器の臓器から成り立ってます。

疾患とは病気のことです。

つまり消化器疾患とは食べ物の通り道の病気のことです

その食べ物の通り道の各々に役割があり、特有の病気があります。

消化器疾患の症状は様々です。

胃痛、胸焼け、吐血、嘔吐、便秘、下痢、腹痛、下血などがあります。これらの症状が現れた時は消化器科の病院に行きましょう。

消化器の疾患

消化器の疾患

食道の代表的な病気には食道がん、逆流性食道炎、食道裂孔ヘルニア、食道アカラシアなどがあります。
喉のつかえ感、食事が飲み込みにくい、食物が通る時のしみる感じ、胸焼け、ゲップ、吐き気などが自覚症状としてあらわれます。

胃の代表的な疾患は胃がん、急性・慢性胃炎、胃潰瘍などがあります。
胃の痛み、吐き気、胃もたれなどが自覚症状としてあらわれます。

小腸、大腸の代表的な疾患は大腸がん、虫垂炎、感染性腸炎、過敏性腸症候群、などです。
腸の症状は様々で、下痢、便秘、発熱、腹痛など多彩な症状があらわれます。

肛門疾患は痔瘻、痔などがあります。
肛門の痛み、出血が症状としてあらわれます。

消化器の病気がテレビや新聞などで取り上げられることが多いと思います。胃がん、大腸がんという言葉をよく聞きますよね?
それは、消化器の病気のがんの発生率が高いことにあるからです。
胃がんと大腸がんの死亡率は両方とも男女共に全癌の中で3位以内に入るのです。

胃カメラ検査について

naishikyo

胃がんの発生には一部を除いてほぼピロリ菌の感染が関与していると言われてます。ピロリ菌感染の診断、胃がんの診断には上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)が必須です。

胃カメラはやはりまだまだ患者さんに恐怖心を与えてしまうものであり、怖いというイメージをお持ちだと思います。

身体の中に異物が入ってくるのでそれも当然だと思います。

しかし、ここ最近は鼻から飲む胃カメラが普及してきており、だいぶ楽になりました。

当院では特にその鼻から飲む胃カメラに力を入れており、年間1200件以上の症例があります。

鼻から飲む胃カメラですと、口からの胃カメラとは違い、嘔吐反射がかなり抑制されるため、患者様に安心して検査を受けて頂けます。

胃痛、腹痛、胸焼け、下痢、便秘など、消化器の症状でお悩みの患者様はお気軽に当院医師までご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME