メニュー

脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症(高脂血症)とは

脂質異常症(高脂血症)とは、血液中のコレステロールや中性脂肪などの脂質の濃度が濃くなった状態です。

高血圧、糖尿病と同様に、それ自体では自覚症状がありません。

そのため、健康診断などで指摘されてもクリニックや病院を受診せず未治療のままの方も非常に多いです。

患者数は約2000万人もいます。 先述の通り、脂質異常症はそれ自体では自覚症状がないので定期的な検査で発見するしかありません。

脂質には悪玉コレステロール、善玉コレステロール、中性脂肪とあり、悪玉コレステロールと中性脂肪の値は下げなければならず、善玉コレステロールの数値は高い方が良いとされてます。

動脈硬化とは

脂質異常症を放置すれば動脈硬化が進みます。

動脈硬化とは、血液中の脂質が血管の壁に沈着した状態です。脂質が沈着した血管の壁は厚みが増すと共に硬くなっていきます。血管が硬くなることは血圧の上昇にも繋がります。そして血管の壁が厚くなると、最終的に血管が詰まってしまいます。その詰まった場所が心臓だと心筋梗塞、脳だと脳梗塞となってしまいます。

このような病気は最悪の場合、死に至ります。

定期的な検査をし、治療をするようにしましょう。

脂質異常症(高脂血症)の原因は

過食、高脂肪食、喫煙、過度の飲酒、肥満、運動不足、遺伝などが挙げられます。

原因の約8割は食生活に関連するものになります。

悪玉コレステロールを増加させる要因は、肉などの動物性脂肪の摂取が原因とされてます。

中性脂肪を増加させる要因は、パンやご飯、糖類などの炭水化物の摂取とされてます。

善玉コレステロールを低下させる要因は喫煙とされてます。

脂質異常症(高脂血症)の症状は

先述の通り、高脂血症の怖いところが、自覚症状をほとんど伴わないところです。

脂質異常症(高脂血症)の診断・治療

採血にて脂質異常症の診断をします。また、当院では動脈硬化の進行度合いを測るために頸動脈エコー(超音波)も行なってます。

治療は生活習慣の指導で、それで改善しない場合は内服治療を行います。

脂質異常症(高脂血症)が進行すると

動脈硬化、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞、腎疾患、大動脈瘤などの重篤な疾患になる可能性があります。

脂質異常症(高脂血症)は自覚症状がないため、定期的な検査で発見するしかありません。

そのため、知らないうちに病気にかかっていることも珍しくなく、放置されると動脈硬化が進み、命にかかわる心筋梗塞や脳梗塞になってはじめて気づかれることも非常に多いです。

脳梗塞や心筋梗塞などの病気は突然襲ってきます。

手遅れになる前にまずは検査や健康診断を受け、問題がないかどうかを調べましょう。

もし脂質異常症を指摘された場合は生活習慣指導を受け、必要な場合は内服治療も行いましょう。

院長コラム「院内脂質異常症勉強会」

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME