メニュー

胃十二指腸潰瘍

胃十二指腸潰瘍とは

胃や十二指腸に潰瘍が形成された状態です。

原因は様々で、ヘリコバクター・ピロリ菌やストレス、薬剤、暴飲暴食などがあります。

潰瘍になる前の状態をびらんと言います。

びらんとは粘膜上皮が欠如した状態です。びらんの患者様は健診や外来の胃カメラでよくお見かけする所見です。

潰瘍とは、粘膜と粘膜下の組織が炎症により欠如した状態です。なので胃、十二指腸の壁は非常に薄くなってしまいます。びらんと違い、潰瘍をもつ患者さんは今日ではなかなかお見かけしません。

それは原因であるヘリコバクターピロリが除菌されているということが大きく関わっていると言われてます。

潰瘍が形成されると腹痛がおきます。
潰瘍から出血すると貧血がみられます。
また潰瘍形成が進行すると、胃や十二指腸に穴が空いてしまうことがあります。そうなると外科的処置が必要となります。

診断・治療

胃十二指腸潰瘍の診断は上部消化管内視鏡(胃カメラ)検査で行います。

治療は胃酸を抑える薬を内服します。
ヘリコバクター・ピロリ菌がいる場合は除菌治療も行います。

先述の通り、胃や十二指腸に穴が空いてしまった場合は外科的処置が必要となります。

腹痛が見られた際には是非当院医師までご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME