メニュー

逆流性食道炎(胸焼け、ゲップ)

逆流性食道炎について

逆流性食道炎の症状

食べ過ぎると胃がもたれる、朝起きた時に胸焼けがする、頻繁にゲップがでる……。こんな症状でお悩みの方も多いと思います。この辛い症状は「逆流性食道炎」によるものかも知れません。

逆流性食道炎とは、胃酸が胃から食道に逆流することで引き起こされる症状の総称です。その症状も様々ですが主に胃痛や胃もたれ、胸焼け、ゲップ、咳、喉の違和感などが挙げられます。特に夜間に発生する胸焼けは辛いもので、患者様のQOL(生活の質)を大きく低下させてしまいます。

最新の逆流性食道炎の情報はこちら

逆流性食道炎の現状

逆流性食道炎の症状で悩んでいる方は年々増加しており、現在は日本人の約18%がいずれかの症状で辛い思いをされていると言われております。患者数が増加している原因として、まずヘリコバクター・ピロリ菌の除菌率増加が挙げられます。除菌したのに何故?と意外に思われるかも知れませんが、ピロリ菌感染によって胃酸分泌が抑制されていた状態が除菌したことで胃酸分泌能が回復するからというのが理由となります。これはピロリ菌に感染し、かつ逆流性食道炎の症状がある方の数が、除菌を行った方の数に比べて明らかに低いというデータにも裏付けられています。

逆流性食道炎の合併症

逆流性食道炎であれば投薬治療で良くなりますが、胃潰瘍や食道、胃の悪性疾患でも同様の症状が起こることがあります。また逆流性食道炎と診断された場合でも合併症がみられることがあります。合併症には主に出血、食道狭窄、貧血、バレット食道、食道癌が挙げられます。そのため上記のような症状(胸焼け、ゲップ、胃の痛み、喉のつかえ感など)がある方には胃や食道の状態をしっかり確認するほか、出血の有無、悪性疾患がないかなどを明らかにするためにも胃カメラ検査が推奨されます。

 

胃や食道だけでなく、長期間にわたって咳や喉の痛みに悩まされている患者様もみられます。内科で風邪や喘息と診断され薬を服用してもなかなか治癒せず、胃カメラ検査ではじめて逆流性食道炎と診断がつき完治に至るという方も決して珍しくありません。

当院の胃カメラは基本的には鼻から行うもので患者様の負担も比較的少なく済みます。希望される場合は麻酔も併用しております。詳しくは当院スタッフまでおたずね下さい。

逆流性食道炎の原因

胃酸の逆流が主な原因

逆流性食道炎の原因としては食道裂孔ヘルニア、食道の運動障害、肥満、高脂肪食の摂取、食後すぐ横になるなどの生活習慣も挙げられます。これらは全て胃酸を胃から食道側に押し上げてしまう要因となります。胃酸が食道に押し上げられること(逆流)でゲップや胸焼け、胸のつかえ感など様々な症状が引き起こされます。「食後すぐ横になる」行為に関して、最近の研究では寝ているときは左側を下にする方が逆流しにくいことが明らかになっています(実は医師の方でもこの研究結果はご存知無い方も多く、胃の流れを良くするには右側を下にした方が良いと思っている方も未だに多くいらっしゃるようです)。

胃酸以外の逆流も原因となる

また最新のガイドラインでは胃酸以外のものが食道に逆流することも逆流性食道炎の原因になると明記されています。つまり胃酸のphを薬で完全に抑えたとしても、逆流が起これば症状は出るということです。胃酸を抑えるだけでは十分ではなく、食道・胃の蠕動運動や生活習慣の改善も治療にあたって非常に大切であるということになります。

診断・治療

胃カメラによる診断

経鼻内視鏡(胃カメラ)による検査等で食道の粘膜障害を確認します。食道の粘膜に炎症所見があった場合、逆流性食道炎(GERD)と診断します。食道の粘膜に炎症所見が無い場合、非びらん性逆流性食道炎(NERD)と診断します。GERDも NERDも逆流性食道炎の診断となります。

これは逆流性食道炎が「食道粘膜に炎症があるかどうか」ではなく「症状があるかどうか」で診断する疾患だからです。先ほどお話したとおり、辛い症状の背後に食道癌や食道出血、食道狭窄、胃潰瘍といった重篤な疾患が隠れている可能性があり、早期発見が極めて重要となります。このため症状を訴える患者様にはまず胃カメラ検査を推奨しております。

基本的には投薬で治療する

逆流性食道炎の治療の目的は症状のコントロール、患者様のQOL(生活の質)の改善、合併症の予防です。まずは胃酸を抑えるプロトンポンプ阻害剤やボノプラザンを使用します。これらの薬は通例8週間使用します。当院では二、三週間に一度受診していただき症状の改善程度を確認します。症状が早く治れば8週間より早い段階で薬を中止する場合も、あります。胃酸を抑える薬だけで症状が改善しない場合は腹部膨満感を抑える薬(モサプリドクエン酸塩)のほか、漢方薬なども追加して経過を観察します。完全に症状が治まったと自覚されたら、一、二週間程度追加で服用してもらいその時点で治療を一旦終了します。

 

その後症状の再発がなければその後の通院は不要ですが、まれに症状が再発する場合もあります。それは胃酸を抑える薬や漢方などは辛い症状を改善することに焦点を合わせたものであり、胃から食道に逆流するという根本的な構造を変えることまではできないためです。このため薬を中止すると元の状態に戻ってしまい、症状が再発するというわけです。したがって当院では投薬治療だけではなく、食事の内容、寝るときの体勢、禁酒・禁煙指導をはじめとして「逆流しなくなるような生活習慣づくり」に向けた指導も行っています。

当院の胃カメラ検査の現状

当院で行う胃カメラ検査は原則として消化器内視鏡専門医が行なっております。検査装置についても経鼻内視鏡を使用しているため身体への負担も非常に少なく済みます。痛みや刺激に敏感な方には麻酔を使用して眠ったままできる検査も可能です。当日の胃カメラ検査を希望される場合でも当院にお電話頂ければ対応致します。詳しくは当院医師、スタッフまでお問い合せください。

胸やけなどの胃腸症状でお悩みの方には胃カメラ検査が頼もしい味方となります。まずは一度当院医師までご相談ください。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME