メニュー

高血圧

高血圧はほとんど症状がありません。

現在日本には4000万人ほどの高血圧の方がいると言われております。

先述の通り、高血圧であることには症状がないため、高血圧の診断されても放っておきて病院に行かない方も大勢いらっしゃいます。

現時点で症状がなかったとしても、高血圧を放置しておくと、徐々に血管が傷つけられ、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞、腎不全、などの恐ろしい病気を引き起こします。

健康診断などで高血圧と診断を受けた方は医師の診察を受けましょう。

高血圧の診断

家での血圧は135/85mmHg 以上、病院での血圧は140/90mmHg以上が高血圧と診断されます。高血圧と診断されてもすぐには治療とはなりません。

日本人の高血圧症の90%が原因のない本態性高血圧ですが、腫瘍などによる二次性高血圧の可能性を否定した上での診断・治療が必要です。

家庭で血圧を測りましょう。血圧手帳もつけましょう。

朝は起きてから1時間以内、1−2分安静にした後に測りましょう。
晩は就寝前1−2分座って安静にした後に測りましょう。

血圧の目標値は?

最低でも血圧は140/90mmHg未満にしたいです。脳や心臓や腎臓の病気を防ぐためには血圧は低く保つことが重要です。直近のガイドラインでは130/80mmHg以下と言われてます。

高血圧治療

生活習慣を整えましょう。減塩、ダイエットも大切です。当院では高血圧の生活習慣指導も行っております。生活習慣の指導を行なった上でそれでも血圧が下がらない方に内服の治療を進めております。

血圧のお薬

降圧薬は多くの種類があります。患者様の他の内服薬や持病によっても飲む薬の種類が変わります。当院ではその方にあったベストの降圧薬を選んで処方しております。

高血圧と診断された方は、一度当院医師までご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME